ミッションデフオイル交換したよ!フロントもリアもLE-TT2サンバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

14年目48万キロのサンバー

LE-TT2のギアオイル交換。
フロントデフオイルの交換をやってみました(笑)
80W-90のモノタロウで買ったオイル。。。

フロントデフを交換してみる

取扱説明書サービスデータ|SAMBAR TT1-119001~,TT2-494001~, TV1-195501~,TV2-139001~

滲んでいるデフオイルを綺麗に

下からパーツクリーナーで滲んでるオイルを掃除。

先にフィラーが回るかどうか

デフケース前にあるフィラーキャップ。
まずはここがきっちり外せるかが重要ですね。

オイルドレンと間違える事は無いけれど、不慣れだと些細な事も慎重になる

素人MOKUBAなので、何度も位置を間違えないように(笑)

ドレンボルト位置を確認

位置も定かでないくらい素人DIY

樹脂製の持ち手なので、力を入れて充分に粘度が高いオイルも補充がしやすい

パーツクリーナーで飛ばす前にウエスで綺麗にふき取る。

モリモリ鉄粉が付着していました。きっちりマグネットも仕事をやっておりますね(笑)

リアはミッションと一緒のサンバー

いろんな書き込みを見てみると推奨品は75W-90ですね。
ただ過走行車48万キロオーバーだからあまり気にしない(笑)
モノタロウで買った80W-90の硬めと言われるギアオイルを投入してみます。
どうせ廃車でも良いから。

定期的に交換していると固着がありませんね。

 

 

 

 

 

 

 

フィラーを開くとドバっとミッションオイルが出ました(笑)このぐらいの量を並々と注ぎたいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうすれば注げるのだろうか?上部からホースなのか?(笑)

カバー外さないとカバー内に入り込む(笑)

 

 

 

 

 

 

フィラーボルトを外し、掃除して締め直す。フィラーが緩むと言うことはオイルを補充出来ることだからドレンボルトを緩ます。こういう流れを知りませんでした(笑)

前回交換したのが2年前。でもやはりミッションをチェンジするので鉄粉はありますね。

 

 

 

 

 

 

 

運転技術がある無しは別として(笑)
ミッションのシフトチェンジを行う以上は、金属の組み合わせを繰り返すので鉄粉は出来るんですね。

とりあえず次回まで頑張ってほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

10分ほどで終わりですね。すごく改善されました。って気がする(笑)

 

 

 

 

 

 

 

75W-90が推奨品ですが、80W-90のデフオイルをリアのミッションデフオイルに投入しました。固くてシフトチェンジが出来ないって書き込みが多かったけれど、どうせ過走行車だし(笑)GL-5だから大丈夫だろうって投入しましたが。。

あまり変化なし(笑)
むしろスムーズで(笑)
元々のミッションオイルが悪かったのか?(笑)
あまり鈍感なのか?(笑)
デフとミッションのオイル粘度を変えるの面倒(笑)
このサンバーは80W-90で統一しました。
MOKUBAの場合はですよ?(笑)

過走行車の軽トラックを長く乗り続ける貧乏人MOKUBA


スバルサンバーばっかり所有しているよ^^部品のシェアも出来るからね。

自由人ランキング



SNSでもご購読できます。

アーカイブ