Courier LIFE

★宅配委託ドライバーは「無報酬のサービスレベル」を上げる必要はない。割り切れ!

宅配ドライバーに「親切心」はいらない

宅配委託をする人は勘違いをしてはならない。
会社員ではありません。
お金にならない回収見込みのない作業はしない。
不在なら不在票を投函して放置。次の客へ向かう。
サービスレベルって言う奴を無視する。
居ない奴はいつも居ない。
翌日へ繰り越してストックする(笑)
連絡あればストックを随時吐き出す(笑)
自分のルートを崩さない。


再配達有料化の議論は既に終わっている

銭は取るのよ。どうやって取るか議論している訳。
どうしたら「取られた」って感じないかって議論している訳だ。再配達有料化しているよ。だって何も変わらないの知っているから。


委託ドライバーも善意から収益化するマシンへ変貌せよ

在宅している客に受領してもらって初めて稼ぎになる。
事前連絡する作業時間+再配達+無給の善意=委託配送員のコストだからね。
薄利多売だからお金にならない「善意」や「やりがい」「感謝される行為」はコストだよ。サービスの質が悪いって叩かれるんだろうけれどお金にならない効率の悪い動作するほど宅配委託ドライバーは暇じゃない。
何度も言うが、異業種から参入組に多い。
サービス業は、全体が業務請負であっても末端ウェイターまで出来高ではない。野球場の売り子みたいではない。外食でも売り場担当が出来高ではない。非常に業務が細分化していて、客数を詳細にセンス的に捌く必要がある場合は一部モチベーションアップの為に出来高や一部歩合にしている場合を除けば、時給体系が基本。時給なら時間に対して居る事で報酬が得られるので、自己満足チックにホスピタリティを追求してください。

ただ出来高制の分野にホスピタリティは必要ない。それは成果が得られる事が確実な状況下だけだ。
それをトップみずから求めている会社も居るが、それは末端出来高スタッフに取って毒だ。迷惑な話だ。

愛想が良い配達員ドライバーは無能だ

Nice delivery person
と言われて喜ぶな。
それは工夫も無い銭も出す気がない受取人だけだ。
委託報酬の追加請求も出来ない。
何にも銭にならない事を要求する消費者(受取人)を相手にしない。
自分の大事な労力を使うのは、銭を出す客(仕事をくれる)報酬になる構築しようとする人に大事な時間と労力を費やすこと。


↑こういう奴はダメだ。工夫が無いので毎度「届かない」と連呼するだけ。関わるだけ時間の無駄。再配を繰り返す


10分の距離でも距離の問題でもない(笑)お客様は神様だから何でも言う的な発想。その前に受取人は銭にならないから神様じゃない。


取りに行こうとせず、無駄に時間を浪費。時間単価が安い奴が多い。こういうのは放置する。怒らせるのが一番手っ取りばやい。効率化

配達効率を上げることが報酬アップへの近道

では、どうしたら効率が上がるのか?
そこらへんの書籍読んでも書かれない。

工夫も無い不在常習客→永遠と不着ループする
銭にならないことを要求する受取客→ニコニコ不着ループする

在宅が確実な客を一番早く配送する。荷台占有をさせない。
出荷人が大事であり、受取人はどういようが気にしない。
本社へクレームetcと言うのが一番利き目があると信じている。
それが一番意味が無い等言う点を理解していない。
違反はダメ。AM指定をPMだけ。
AM指定を11:58不在なら投函する。→離脱してほしい受取客リスト入り
コンビニ受取や営業所止めに誘導する。
案外バラバラな宛先を毎日平均化する事が出来れば、一番効率が良い仕事。

受取人のクレームとやらは、案外大した事が無い。
担当者ものど元まで「有料オプション」要は追加料金払うなら色んな対応オプションがございます。とは言えない(笑)
だって銭払うつもりが無い奴は、ニコニコ堂々巡りが一番利くからね。
元請けがしっかりしているのなら、宅配会社本社へクレームが届いても何にも問題なし。
何が大事なのか?共に共有できている。要は「本音」と「建前」を受取客だけが知らない。

同じ事を何度も言う。だって忘れる

受取人の気持ちは身勝手だと思い込む

宅配便受取客の神対応5
宅配便受取客の神対応4
宅配便受取客の神対応3
宅配便受取客の神対応2
宅配便受取客の神対応1
運送会社が人を雇う時に注意しないと火傷をすることになる!
運送会社の配車マンが退職する時に注意しなければならないこと
人を雇用する事は、裏切られる事の始まりであるんだよ!
崩壊崩壊と言っているのは宅配受取人たちだけ。報酬が上がればすぐに配達される
同業他社の委託ドライバーを引き抜けば、必ず引き抜かれる!

暇な時でも荷台のスペースを意識する

繁忙期に荷台を空ける事に集中する。意識する為には、暇な時期を意識しながら配達する事が大事。
早めに積込作業をする。荷台も詳細にエリア別に区分けして積みこむ事に心がける事は当たり前。
配完する「落ちる」事を意識して、落ちる客のみ午前中(8時30分-11時00分)で60個落とす事をMOKUBAは意識していました。
委託元のエリアにもよりますから一概に言えません(笑)60個ぐらいなら玄人プロから見れば、大した数字ではありませんが。開業間もない方が意識する数字でもありませんので。落ちる落ちないの境界線を知る為にも暇な時の1件1件の意識した配達が大事です。共働きの世帯は始めから配達しません。ましてクレーム原因にもなるので、親以外の在宅人への配達する事もしません。受取人にイチイチ言う事はありませんが、各世帯のある程度の個人情報・1日の在宅状況など把握出来る仕事です。暇な時期に頭の中を働かせず、やみくもにナビ使って無意識で配達する人間に限り繁忙期稼げる爆発力はありませんからね。何事も積み重ね。

宅配便は玄関先へ届けるサービスなのですよ?

家具や物置などの大型家具の通販が多く勘違いする個人乞食客が多いですが、宅配便は開梱・組立・設置・吊上げ・窓の取り外し・養生・資材引取は事前申込が必要であり、別料金にて対応します。またほぼ宅配便サービスとは別での引越便およびチャーター便対応となります。
要は、数百円や数千円で人にお願いするサービスではないのです(笑)

報酬を得る手段だと割りきれない場合

無理して報酬を得る手段だと割りきれない委託ドライバーも居る。
それは事実。それも大切な自分。であれば、「在宅して受領印をもらって初めて報酬になる」と言う事実を充分に認識した上で、身体の不自由な受取人や高齢者に1歩優しくなる方に力を注げばいい。彼らは、我々が丁寧に接すれば接するほど在宅率と効率が上がる。宅配委託ドライバーの味方であることは確かである。一度配達されてみて理解出来ると思います。不在を繰り返す特殊人や委託報酬以外の業務外作業を強要する特殊人。代引きの支払いを条件に無理難題を強要する特殊人などへは断固として杓子定規な対応に徹する。そうすれば自然にループ状態になり、離脱候補として挙がる。守るべき人と捨てる人を潜在的に区分けをする事が効率化の「鮮度」でもある。この鮮度を保つ事が引いては委託額の安定に繋がるのです。

業務請負でも委託運賃が増えるなら手を尽くせ。銭にならない作業をしないこと。

自由人ランキング



★人よりも先に成功したい軽貨物運送業者たちと不安ばかり募る開業予定者たち

誰だって人よりも先に走りたいのが軽運送事業主

人よりも先んじて情報を手に入れたい!
って強く感じている方だろうからそもそも独立されます。
まあーそんな芸能人みたいな存在でないので
二番煎じ。三番煎じはよろしく。
ほぼ他人が知っている情報を手に入れる位置で生きているのが我ら。
テレビで報道される時点で五番煎じぐらい(笑)
まして物流新聞に掲載されるとなるとね(笑)
他の同業者が気になるのは理解出来る。成功と言う一つの尺度がこの世に存在するのなら比較検討も一考だ(笑)
しかしながら、何を幸福の尺度と考えてるのか?人それぞれだ(笑)

大手の運送会社のプレスリリースなんか日々の生活に無縁

このblogでも大手の運送ニュースを引用している時がある。
西濃運輸運賃値上げ10%
とか
ヤマト運輸センター受取指定宅急便
とか
航空貨物の新しいコンテナ開発記事
など軽貨物運送に無縁の事ばかりを引用して、好き勝手に言いたい放題書いている(笑)
そもそも売上アップの為にカッコイイことを書く為にこのblogを書いているのではない(笑)
見ている方は理解されている記事内容ばかりだけれど。。。。
ロジスティクス情報なんて明日の仕事の為に成らず。
まして収入が上がる要因ではございません。
私は、新聞・テレビ等は見ておりません。
古典落語を聴きながら仕事をしている有様でございます(笑)

なぜblogを書いているのか?MOKUBAは

好きだから書く。
美辞麗句は嫌いだから書く。
上手く行かないのは、自己責任だけれどyahoo知恵袋で上手く行かなかった事を元請けの責任にして正当化する廃業者たちや素人をプロにするとか言って、また高額報酬を楽して稼げると言う美辞麗句を並べる同業者に閉口しているだけだ。
そんな事を言わなければ集まらない人を沢山集めて何がサービスなんだろうか?
軽貨物運送業の成功者とは、やはり元請けピンハネ責任転換親方になることか?
だろうか?(笑)なら一生人不足で悩めよ?
廃業する奴は、やはり決まった傾向にある。
しかしながら彼らを調子づかせていたのも元請けだ。
脱サラ組は、そもそも自営業(商売を開業する)と言う自覚が薄くサラリーマンの勤務体系や給与体系を知らず知らずに染みついている。だから開業すると言うことは、商売を始めると言う自覚を当初から身についている者。割り切っている者に「安定」がもたらされる。神がかっている内容ではない。ある一定の収入まで自分の時間を切り売りする人が失敗する訳ではない。確率の問題でもない。
結局は、それが一番の近道であると言うことを元請けが言わない。
言うと辞めるから(笑)

気持ちの次は、計数管理が重要

商売で一番大事なのは、1人だと言う事。
自分1人で始めたのだ!と言うこと。
だから身体の中に社長と番頭を持たなくていけない。
特に軽貨物運送業で独立すると言う事は、FC加盟しても本部に経理業務を一任して手数料をピンハネされるぐらいなら廃業した方がマシだ。どれだけ首根っこを掴まれたら気が済むのだろうか?サラリーマン時代にそんな仕事の段取りをしていたのか?
少し落ち着いて、自営業であっても仕事の進め方は、会社員時代とほぼ同じ。会社員時代と違うところは、メンタルの話。
週休二日とか50万円以上とか抜かすやつは、まず廃業(笑)
それは結果の話であって、自分が開業当初からそのステージに立てていると錯覚を起こしている。
その段階で何の見通しが正確に出来るのだろうか?
そしてまず疑問に思っても、他力で判断せず自ら実施して検証するだろう。
そういう人は、何が失敗で何が成功か?線引きをしていない。
失敗する方法が無くなるのです。だから知恵袋何かに書かない(笑)

年収100万って聞くとどんなイメージですか?

日々目にする数字。このblogの数字も真意は不明です(笑)
軽貨物運送業とは儲かるのか?
経験した者だけが正確な数字を掴める。
知恵袋で相談して、開業前から収集したところで貴方は違う。
その数字通りに進めると判断した時点で見通しが甘い。
違うでしょ?自分は○○の数字で生活が成り立つ。だから月25日仕事したら1日○○円。
この仕事だけでは難しいからプラス違うアルバイトをやってみる。それを25日で消化出来ないのなら、休みの日にアルバイトをしてみる。
それで1カ月生活出来ないのなら生活水準を下げる。仕事を変えるなど考える。
その過程で代わりに仕事をやってくれる人が見つかれば、徐々に割振りを変えて行った結果、休みが取れて年収が会社員時代よりも増えると言う話を開業前の素人が同じように出来ると考えている段階で廃業ルートです(笑)
取引先からの情報やその他の届く情報だけで判断が出来るでしょ?
要らない情報は除外する。
不必要な情報を集めても詮無き事。
これから陥るワナの一つ。
暮らしていくのに不要な事を手に入れる必要なんてございません。
もっと古典的なアナログな分野に脚光が浴びる時代になりそうですね^^

我々軽貨物個人事業主が考える新境地とは?


難しい事も考えるけれど、自分の尺度で幸福度を考える事も大切ではないですか?
開業前から色々悩んでもその悩みは解決しません。
開業すれば、もっともっと会社員時代には考えられない苦悩が待ち受けています。
だから商売は面白い。この面白さと上手く付き合う事ができない自営業者がなぜ従業員を採用して、1人の人生を預ることが出来ますか?
おまえはただ人のピンハネだけをして、責任を取らない糞親方になりたいのなら別に他の商売でもええんじゃないの?(笑)
そちらの方がまだまだ割に合うよ^^私は、年収100万だったとしても今の境遇を楽しみ綺麗な言葉で素人をピンハネ要員にはしない。
ハネることは「責任」と一体だよ。

情報弱者と周りに揶揄されても自分は自分。軸を手作りしているのならそれで充分勝てる。

自由人ランキング



★年収100万だけでご飯が食べれるのか?それとも軽貨物運送業とは儲かるのか?

私(MOKUBA)の正体って?

どうもMOKUBAです!
私の事についてよくメールを頂きますが、
軽運送で年収100万しか稼げないのか?
それとも年収100万であるのか?
能動or受動なのか?

それとも配当収入が別であって
とりあえず軽運送というカテゴリーだけで話をしているのか?
いろいろご想像がお有りだと思います。

普通に考えて、軽貨物業界14年目。38歳です。
24か25ぐらいから開業やっているので
それなりに理解していますが、その「理解」って奴は時代と共に変わるのです。
昔は運送屋は「ワッパ稼業」でありました。
運送業界の慣習やコミュ力って奴一本で人より抜きんでる能力が必要です。
貧困から脱却する方法のひとつ
ただそれが未来永劫続くって思う事自体時代遅れなのです。
要は、「俯瞰」出来るか?ってこと。
客観視して見れるか?ってことです。

軽貨物で稼げる?続く奴は既に開業から決まってる?

ある程度これぐらいかな?って感じている奴は不満も言わず、上手い事やってます。
宅配が稼げないっていう奴は、それだけの能力。
姉が稼げん・K急便がダメとかKT便とかA商がどうの言う奴もその程度です。
稼げるか稼げないかは本人のやり方次第なんだよ。
軽運送で上手くいかないのに他の商売で上手く行く訳がありません。
ピンハネが嫌なら自分で営業する。→これは当たり前(笑)ネット?そんなの責任の所在が不明な怖い事を大事な荷主から引受なんてしませんよ?軽く考えている奴多過ぎ
MOKUBA先生のHHKラジオ講座(全69話)軽運送・軽貨物独立開業講座
これを聞いたところで成功はしません(笑)
こんな奴が商売出来ていて、貴方が商売がうまく行かない訳がありません。
底辺の奴がご飯食べれていて貴方が食べれない訳はございません。
バカにアホに成れない奴が商売を続ける事なんて出来ないと思います。

犯罪を犯してまで軽貨物運送業で成功したいとは思わない

そして何よりも犯罪に手を染める軽貨物運送の成功者なんかには成りたくない(笑)
その奴を崇めて、神輿を担ぐ周りの同業者たちにもなりたくない(笑)

こいつは語気を強めております(笑)
軽貨物運送業の社長の逮捕
辛い辛いと言う奴とそうでない奴が居ることを知る
儲けれない儲けれないと連呼する奴も居れば、黙って何も言わない奴も居る。両方知って「軽貨物運送業」だよ。
偉い有名な先生でも見えないものは見えない。

同業他社に関心があるのはいいが、判断の基準ではない全く(笑)

自由人ランキング



★デリバリープロバイダ崩壊って言いますが、そもそも配達員の報酬体系は

宅配委託ドライバーが本当にブラックなのか?

ネットをザワザワ賑わっている
デリバリープロバイダ崩壊なんちゃら。
8時から28時まで働くブラックとかなんちゃら(笑)

契約は「業務委託」だから労働時間等はありませんね。
報酬は全て出来高だから不在票投函するほど辛い事はありませんよね。

在宅なのに不在票を投函するほどアホな出来高委託ドライバーなんていません(笑)

・在宅していたのに不在票が投函されていた
・19時-21時指定していたのに19時10分に配達された
etc

ツイッター書き込みから本当の姿は見えない

色んな内容がタイムラインへ書き込みされています。
指定した時間に在宅出来ないのならコンビニ受取もしくは在宅出来る時間帯で指定くださいね。
イタチごっこをする時間の無駄なら別の受取方を考える方が効率的です。
不在時置き配サービスを利用するって選択肢もあるんだよ?
ご覧くださいね^^

Amazon“デリバリープロバイダ”問題、ヤマト撤退で現場は破綻寸前 「遅延が出て当たり前」「8時に出勤して終業は28時」
通販頼んでやってんだから配達しろよ!Amazonへ文句言ってやるぞ!→エンドユーザーの悲痛な叫びが、ツイートを賑わっています。

最先端を行く宅配サービスとは?

サラリーマン時代は、量販店に勤務しておりましたが
一番先進的なスタイルはヨドバシ.comだと思っています。
利用者が配送オプションを「有料」にて選択出来る事が大事です。
まさかサービスの質レベルが上がるほどコストがかかる事を周知することも企業としての責務です。
消費者は、何も知りません。
無料なら何でも良い。そして乞食の如く無料なのに「質」を求めようとします。
配達時の配達会社を指定することはできますか?
配達会社の選択について
この配達会社の選択が非常に他社よりも先を走っています。
「お客様チャーター便」⇒受取人の希望時間にピンポイントに納品します。
いずれ宅配便も時間指定を甘く行い、受取人より価格以上に要求される場合はチャーター対応するような時代がきます。
現在でも法人様の多数はこのチャーター便にて処理を行っている企業様が多いのも事実です。

本当に宅配便を上手く使うと言う事はどういう意味なのか?

延着・遅延が発生した時点で「負け」なのです。
危機管理上、延着・遅延が発生する確率があれば先に自己負担でチャーター手配を行っているのが通常です。
遅延・延着が発生して大丈夫なモノだけ宅配便を利用する。
これは法人間での取引では当たり前な事です。


安いんだから仕方が無い


銭出せばヤマト来てくれるぜ


おまえらがそれで安心を手に入れるんだろ?


銭出さないのにクレクレ言うのも乞食対応さすが


タバコぐらい吸うだろ?(笑)


だからコンビニ受取か置き配してもらえな


上がりたくないんだよ?(笑)


作れよ?BOX


そのうち正確に守れる時期が来るよ。


バトルするぐらい時間に余裕があるんだな。時間単価安過ぎやな

クレームの電話を入れても、応対者が心で笑いますよ

積雪や台風接近が予想されるエリアへ時間指定の商品を発送する場合に延着の説明可能性を想定できない人が危機管理のクレームを言ってはいけません。そんなことも想定できない奴が何を文句を言っているのか?って思われてますよ(笑)
今の時代、「宅配便」「宅急便」を延着しない神話とか高サービスレベルだとか思っている人が居ること自体ナンセンス(笑)
1%でも延着リスクが想定されるのであれば、限りなく0%になる配送便を選択することが大事。
金額的に出来ないのであれば、諦める。
数百円の宅急便で、数万円の貸切チャーター便のような質を求める乞食客が居るとしたら、心で笑われるだけ(笑)

みなさん、いい加減で気付いてください(笑)

デリバリープロバイダ崩壊って騒いでること自体ナンセンスさ

自由人ランキング



★お客さんに喜んでもらう為に最安値にしても何も解決しないダメな話

MOKUBA-LIFEシリーズ(笑)
必ずしも最安値にする事が正解ではない(笑)
お客さんに選択してもらえる事が第一ではない。
商売として利益が残るかどうか?その為にある一定層の客層のお客さんに選択してもらえると言う事が抜けている言葉を真に受けないこと。
どうでもいい客層に選択されるだけで時間の浪費と言うか効率化から遠くなる(笑)

既存客と新規客。
携帯電話の販売でもイメージしてください。
一番大事なのは、既にお客さんに成り続けているお客さんが一番大事であると言うこと。
新規客は、既存客より優遇しない。私はそう差別をしています。必ず優位性を持たせています。
客に成る事を迷う間に既になっている客との複利差を計算しています。
もちろんこちらにもメリットが無い契約更新に対して長く契約を続ける事はしない。
だから契約時だけ頭を動かすのではなく、仕事が開始され1年そして3年と都度契約更新を徹底的に行うし頭を開始時以上に使うことをしない同業者が多過ぎです(笑)

クラウドソーシングとオンデマンド物流サービスは表裏一体

普段クレームなどは一切書き込んだり問い合せたりはしないのですが、あまりにもオススメできないので書き込ませていただきます。 価格重視で選ばせていただいたのですが、当日、予定していた時刻より2時間前倒しに出来ないかとの連絡。その時間にすべて間に合うように荷造りをしていた最中インターフォンが……。当初予定していた時刻よりも計3時間も早く到着されたのには驚きました。 運搬の手際は良かったのですが雑に見え、早く終わらせたい!という感じがとても伝わってきました。 引越し先でももちろん養生はなく、ベッドや冷蔵庫などの重いものはずられたりしましたし、常にため息を吐かれたり、疲れた〜などと仰ったり、目の前に一応客という存在がいるなかでする行為とは思えないことばかりされ、こちらもどんどん気分が悪くなりました。 この時期で暑い時間帯におひとりで作業をするのは大変な事だと思いますし、それを1日に何件もこなすのはかなり体力的に厳しいことかとは思いますが、それを考慮しても引越し業者として如何なものかと思ってしまう出来事が多く大変残念です。もう依頼をすることはないと思います。 相手にされては嫌なことはしてはいけないのは当たり前のことではないでしょうか?
引用元: ●●さんの口コミ:12月6日以降、まだまだ空きあります。不用品回収も対応します|エコライフ – くらしのマーケット

格安で引越を受ける業者さんが流行っています。
そして新規参入時には即効性がある手法です。
和製UberEATSを目指しているアプリ各社
でもでも
結局、個人の客からしたら
やれ養生しないとか
時間通りに来ないとか
1人で手伝わなければならないとか
色々書き込みをされます。
そもそもなぜその金額設定なのか?

結局の安上がりは、自分ですること

二人で日当を計算すれば、3時間1万って事はありません(笑)
それは依頼される個人客も少し考えれば理解できること^^
吉野屋の牛丼じゃありません。

でも大手だと数万必要。
お金がないから格安屋に依頼する。
でも安かろうだから文句が出る。

軽貨物個人事業主の次のステップとは?

軽運送の商売は、
個人客を相手にしない段階で一つのステージアップになります。
アホみたいな個人客を如何に無視するか?
残念な話ですが、人を選んで商売をしなければいけない時代になりました。
それは今の相場無き消費者から発端です。

安さで勝負される業者さんは、いかに客を選ぶかで
全体の件数が変わってきます。
変な安さを求めて、質もさらに求める客を無視するか?
徹底された方が勝ちです。割り切るのです。

諸悪の根源は、客次第なのか?

結局は依頼主次第。
それを事業主が本音と建前を駆使して調整するか?がカギなのです。
独立開業に必要な事は、Ability to adjust 調整だけでなく調整する能力が大事になります。
それがなければ次にオンデマンドで翻弄され、クラウドソーシングに置いても現在よりももっと厳しくなります。
そして次の時代は必ずクラウドソーシング型が主流となり、物流においてはオンデマンド型での案件依頼が当たり前になります。

ただ運送屋でもタクシー屋でも同じですが、「白タク」「名義貸し」とか言って、新しい波を軽犯罪のような目で見るだけでは何も解決策にならない。規制に守られたタクシー業界と運送業界は同じ穴のムジナである。uberEATSやuberの陰口や軽口・悪口を言うだけの奴には耳を傾ける必要無だな(笑)

頭を柔らかくする講釈(笑)

↑ 新しく更新の最新作18話 ↑
開業して14年目。派手に商売する奴は叩かれる。
誰にも知られなくて、叩かれるほど稼いでると見られなくて
貧しく見えるのに稼いでいる。

見た目で判断される奴は、商売下手くそ(笑)
外見と中身が違うのが商売だ。
それに気付くか気付かないか? だから人が寄りつく人間に見られてはいけないのだ。
離れなければならない。
それがなぜに理解できないのか?

人の目なの。

この目で高揚する奴がいる(笑)
人の目で惑わされる。

だから「何の為に商売をするのか?」この問いを掘り下げて掘り下げている日々だからこそよそ見をしない。
無駄な事をしない。
これだよ。

クラウド型のアウトソーシングのクラウドソーシングって奴の使い方なんだよ?

自由人ランキング



★軽貨物運送が今の自分の境遇から脱出できる唯一の方法

「唯一の方法なんだ」と想い
思い込める事が一番自営業を始める最初のテーマだと感じます。
汚い嫌らしい言葉を並べても、心底にこの仕事の想いが感じれるかどうかなんだと。
だから安易な言葉で開業者を集めて、「あとは自力でどうぞ」と言えないのです。

新卒採用じゃないんだよ?自営業を開業すると言うことは

・売上は手取り収入ではないと言うこと。
・売上から経費(家賃・年金・県市住民税・消費税・食費・光熱費etc)

ワタシも脱サラ組ですから、源泉徴収票の手取りが個人事業で言う純利益だけれど源泉されていないのです。
だからそこから税金関係を差っ引くこと。

自営業だから労働時間は関係ない(笑)
これは、自分の商売なんだから労働時間に制約を持たせず稼ぎたいと言う自分の気持ち。
それは人それぞれだから勝手にどうぞ。

開業3年未満なのにブラッシュアップをする

何も出来ないのに効率化を求めても意味無いこと。
それはblogの軽貨物blogの見過ぎ(笑)
60代のベテランまもなく上がり世代の年金支給手前頑張りblogの見過ぎ(笑)
30代開業者が同じ思考でどうする?

何の為にこの軽貨物運送業を選択したの?

この部分が一番この商売の核となります。
10年20年と続けれている開業者たちが持ち合わせているメンタルです。
家族の為でも
大儲けしたいでも
自分の為でも

それぞれ勝手だけれど、ワタシは貧困と貧乏は違う。
貧困から脱却する為の一つの方法だと思う。
儲ける儲けないはセンスだから、今の境遇貧困から抜け出すことだけ考えた3年間3年目だったんです。
労働時間よりも月の手取り売上の「額」だけしか見ていない。

売上と支払を意識して1カ月を考えるのか?

● 1カ月 生活費+ローン+借金(風俗etc)=1カ月必ず必要な費用(A)
● 委託元取引先からの売上(税別) (B)

(B)-(A) = (C)→手取り収入と言われるお金

難しい事を独立開業当初に考える事は不要。
ざっくりと今の収入と開業後の手取り収入と比較してから開業する。

売上額を把握した後にすべきこととは何か?

把握しただけではダメである。
サラリーマンの手取りと開業後の手取りを比較して現実を知る。
開業後の手取り収入が「赤字」となった時に考えることとは?

(C)の赤字解消する為に(A)の売上額を残りの労働時間を費やして額を上げることが出来るのか?
自営であっても別でコンビニバイトや飲食バイトが出来るのか?そこまでやりぬいてでもサラリーマン時代よりも貴方は満たされるのか?(A)の額を自営業だけで補おうとして、時間だけが浪費する日々が続くから廃業するのです。外的要因と言うよりも開業時の感覚の違いが大きい。だから「何の為に始めたの?」と問いかけるのです。

時間拘束から解放されたい為に脱サラするのか?

開業当初から時間拘束があると思う時点で見通しが甘い。
10人開業して、たった1人ぐらい稀は居る。
その稀の1人に自分が成れると思う思考がダメにする事を早めに理解する必要がある。
blogって自分の成功サクセスストーリーだと思う。
書いている事を鵜呑みにするのではなく、自分の生活水準に落とし込んで部分だけ吸収する姿勢が必要。
でなければ、男性であれば夢や将来を絡めた話に酔いしれる傾向が強いので、よほどの強い精神力がなければ呑まれてしまう詐欺師に(笑)
開業から自分の時間の安売りを繰り返す中で、ブラッシュアップや小さなマイナーチェンジを繰り返す中の「結果」で時間管理をコントロールする道を選ぶのか?売上拡大を図り、人がたくさん働く場を作りたいのか?色んな道の岐路に立つ。そして選択した結果が、開業まもない事業者の眼前に広がっている結果後の話だ。
それを真に受けて、こんなハズではなかったと訴えるサマは何度もこの業界で目にした景色であると言う事を忘れないでほしい。
そしてそんな奴が残念ながらネットで書き込みをしている大多数であることも確かですね。

プライドって何ですか?誇りとは?

時間が経過すれば、「誇り」も劣化して「プライド」に変貌を遂げます。
始めからこの仕事で!という「誇り」なんて持たない様にしたい。
自分の力なんて知れています。
イチローさんのように努力をしても報われるほど社会は甘くないです。
軽貨物運送業なんてのは、時間の安売りをしながら目にするチャンスの数を増やして、時期とかタイミングなどが合致した時に間を置かずに乗り移れるかどうか?そして乗り移る勇気とは、やはり「何の為にこの商売を選択したか?」と言う自問自答の事柄に行きつくのです。
誰かに勝つとか同業者に負けないとかそういう視点を用いて、モチベーションというかメンタルを維持するのに必要な手法だけれども、必ず忘れない最初の気持ちを持ち続けれるかどうかにかかる。

他人の景色は綺麗だけれど誰も見れるとは限らない

綺麗な景色が見えても、自分の眼前で見えるとは限らない。
それだけ見えない隠れた努力と言うか時間の切り売りが避けては通れない事を暗に理解する必要がある。
だれもカッコ悪くて開業者は言えない。
実は、自分で努力とも思わず当たり前に行っている事がある。
男性はやはり見栄を張りたい生き物だ(笑)
年収100万だろうが年収1000万だろうがそんなこと小さい事ときっと理解する時が来る。
人づきあいに関係ない。
家族を養う事に関係ない。

大企業やホリエモンにどれだけ影響されてるの?
そういう方には成れない。成れないのならどうしたら満たされる生活を送れるのか?
それが軽貨物運送業と貴方が選択したのなら誰も言われなくても主体性をもってやると思う。
軽運送だけではなく、貴方が迷っていることって結局は他人の目なんだろう。
他人と同じ水準の生活を送りたい。
いろんな事をやりたい。

コトバに出来ない劣等感のフィルタを通して目にすればすさんでくるのは当たり前だ。
ワタシは、貧困と言うか貧しくて困っている自分だったあの時から今に至る。
だから成功したなどと思っていない。
現在進行形だ。
結局はメンタルなんだと考えている。
だからそんなことで立ち止まるのではなく、自分自身に自問を続けて自分なりの解放の仕方を探してほしいと思っている。
blogはその為。
アホみたいな経営者blogが自分の役に立つのか?
法人格だからどうしたの?(笑)
個人事業でも面白くて、人間力ある生きる力がある同業者たちが居る。
彼らから学べる事は多数あるんだよ。

自営業と正社員の差はないですよ。差があるように見えるのは貴方のプライドだよ。

自由人ランキング